平成29年シンポジウムのお知らせ

「司法福祉と生活保護」

~人はパンのみにて生くるものに非ず~

      第4回目となります「明日の空シンポジウム」の今回のテーマは、「生活保護」です。逮捕勾留され、弁護人等から明日の空へ相談依頼のあるケースには、仕事も住居も失い、家族等の頼る人もなく、数日間何も食べていない空腹状態で、窃盗や詐欺(無銭飲食)等の罪を犯してしまう方が多くいます。高齢や障害、疾病等により働くことが難しい場合だけではなく、稼働年齢であっても、様々な生きにくさを抱え、釈放後即座に就労できる状態にない方もいます。就労を急ぐあまり、場当たり的に不向きな職種や寮付きの派遣業に就き、仕事が継続せず同時に家まで失ってしまうこともあり、安定した生活基盤をつくるには、生活保護が必要です。また、生活保護受給により、住居と食を確保したからといって、すべての問題が解決するわけではありません。国民の健康で文化的な最低限度の生活を守る「生活保護制度」は、その運用にどんな課題を含んでいるか。皆様と一緒に考えたいと思います。ご関心のある皆様の参加をお待ちしております。

 

基調講演 「健康で文化的な最低限度の生活」 

漫画家 柏木 ハルコ 氏

 

*インタビュアー  静岡司法福祉ネット明日の空代表 飯田 智子

パネルディスカッション 「静岡における司法福祉と生活保護」

◆井上尚人司法書士事務所       井上 尚人 氏

◆遠州法律事務所           藤澤 智実 氏

◆静岡県地域生活定着支援センター   工藤 史隆  氏

◆藤枝市役所自立支援課生活福祉係    関谷 敏夫  氏

*コーディネーター    法政大学教授 布川 日佐史 氏

日 時:平成29年12月16日(土)午前10時~午後4時(受付9時30分~)

会 場:プラサヴェルデ コンベンションホールB(沼津市大手町1-1-4)

参加費:500円(資料代として) (※情報交換会参加者は、当日別途4000円お支払い)

 

 

【後援(予定)】静岡県、静岡県弁護士会、静岡県社会福祉士会、静岡県司法書士会、静岡県精神保健福祉士協会、静岡県医療ソーシャルワーカー協会、静岡県臨床心理士会、静岡県社会福祉協議会、静岡県地域包括・在宅介護支援センター協議会、静岡県介護支援専門員協会、静岡県地域生活定着支援センター、全国地域生活定着支援センター協議会、龍谷大学矯正・保護総合センター、日本司法福祉学会、社会支援ネット早稲田すぱいく、朝日新聞静岡総局、毎日新聞沼津支局、中日新聞東海本社

お申し込みいただけるの方は、「申込書」をクリックしていただき、必要事項を記載のうえ、FAXにてご送信ください。「「申込書」

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です